カタログギフトで押さえること

相手に合ったカタログギフトを選ぶ

カタログギフトは、価格帯や選べる商品の種類など多くのバリエーションがあります。感謝の気持ちが伝わるように贈る相手の好みに合ったカタログギフトを選ぶことが大切です。そのためにはカタログギフトの内容を詳しく調べ、確かめてから送るようにしましょう。インターネットでカタログギフトを購入し贈る場合には、内容を全ページ確認できるサービスを行っているサイトを利用するのがおすすめです。相手の好みに合っているか、過去に贈り物をしたことがある相手ならば同じ商品を贈っていないかをまず確認しましょう。

次に、価格帯は適切かをどうか確かめます。一般的に内祝いの場合、いただいたお祝いの半額程度、親戚ならば三分の一程度の金額が目安です。高すぎても安すぎても相手に失礼となってしまいますので注意しましょう。最後に、カタログに一通り目を通し、掲載商品の品質をチェックします。

他の品物と一緒に贈る場合の注意点

カタログギフトと他の品物を一緒に贈る場合には、届け方に注意が必要です。面倒でも一旦カタログギフトを自宅に取り寄せ、他の品物と一緒に梱包して発送し、一度で相手に届くようにしましょう。二つの贈り物を別送してしまうと、受け取る相手側も二度手間になってしまいます。どうしても他の品物とカタログギフトを一緒に贈りたい場合は仕方ありませんが、この方法は、郵送代や梱包代が余計にかかり、梱包や配送を手配する手間もかかります。

インターネットで販売されているカタログギフトは、送料無料や送料が安く済むサービスを行っているサイトも多くあります。これらを利用し、思い切って贈り物をカタログギフト一つに絞り、その分、質の良い商品が掲載されたカタログギフトを選ぶのもおすすめです。