心のこもった内祝い!選ぶ時間は?

内祝いとはどのようなお祝い?

内祝いとは文字通り身内のお祝いのことをいいます。例えば親戚の家で赤ちゃんか産まれたのであれば、そのおめでたいことを身内である親類縁者で喜びを分かち合おうというものです。お祝いをすることには変わりはありませんが、現在は親類縁者などからお祝いの品物などを頂いたそのお返しのことを「内祝い」というようになりました。内祝いには出産内祝いや新築内祝い、結婚内祝いなど様々な種類があります。お祝いのお返しということもあり心のこもった内祝いを考える人が多いのですが、実は選ぶ時間は限られているのです。例えば相手からお祝いを頂いてから随分と時間をおいてから内祝いを渡すと、相手に失礼になることもあるので注意しなければいけません。

どんなお祝いを選んでいつ渡せばいいの?

赤ちゃんが産まれてお祝いを頂いた場合、そのお返しのことを出産内祝いといいますが送る時期については生後1か月頃に行われるお宮参りの後くらいが適しているといいます。とはいえ生後1か月頃の赤ちゃんのいる家庭では産まれたばかりでお返しを選ぶ時間もない、という人も多いです。周囲の人たちもそのような事情は理解しているので、これらの時期をだいたいの目安時期と考えたり、出産前からこのようなことを想定して用意する人もいるといいます。結婚の場合には結婚披露宴などに招待をして引き出物を渡すことが内祝いとなります。ご祝儀が高額で引き出物では不十分である場合は結婚式後、ご祝儀の半額くらいの結婚内祝いを送ることが適しているといわれています。新築内祝いの場合はお祝いを頂いた人を新居に招くことが基本といわれています。