カタログギフト利用での注意点

どんなことに気をつける?

相手に選んでもらえるからカタログギフトは失敗が少ないということで、内祝い等のお返しでも活躍するシーンが徐々に増えています。カタログギフトをとりあえず贈っておけば相手が選ぶから大丈夫だろうと思い込んでしまうと、思わぬ失敗をしてしまいます。幾つか注意したいこととして、贈る時期だけは外さないようにしましょう。早すぎても遅すぎてもよくありませんから、結婚や出産、新築などそれぞれのお祝いに合わせてタイミングを見計らってお返しして下さい。また、商品の重複がないようにしたり、縁起が悪いとされている品物や数字をほうふつとさせるような物が入っていないかどうか、カタログのチェックをした上で相手に贈るよう手配することが大切です。

相手のことを考えて贈る

カタログギフトは金額もはっきりしているので、お祝いとして頂いた金額から機械的にお返しをするということも少なくありません。もちろんそれでも体裁は整いますが、カタログ自体も多くの会社が取り扱っていますし、内容も一般的なもので様々な種類を取り扱っていたり、グルメや雑貨など一部の分野に特化しているタイプも販売されています。カタログであってもギフトとして使うことには変わりませんから、相手の好みをリサーチしてから気持ちに沿ったカタログ探しをしてみて下さい。のしや表書きも手配をする前に再度良く見直して間違いのないようにしたり、メッセージなどの添付ができる場合には文章もチェックして、きちんと対応すれば喜んでもらえるでしょう。