カタログギフト利用によりかかる費用

カタログギフトは内祝いでも人気!

近年、カタログギフトを結婚式の引き出物や内祝いとして贈る方が増えています。贈られた側が好きなもの・今欲しいものを選ぶことが出来るというのは大きなメリットですよね。カタログギフトは一つのシリーズに対して、4~5パターン程度の価格設定がされているものが多いです。一番安いもので3千円のコースから高いものでは10万円なんていうものもあります。もちろん、値段が上がれば上がるほど選べる品物の種類が多くなっていたり、同じものでも届く量が多くなったり、「お肉」というジャンルでも質のよいものが揃っている、という仕組みです。ですので贈る側は、頂いたものの金額に応じてコースを選んで贈ることとなります。大抵の場合、熨斗は無料でかけられるので内祝いにもぴったりですね。

システム料って何でしょうか?

普通の品物とカタログギフトが大きく異なるのは「システム料」の存在です。システム料とは、カタログギフトの印刷代や、送付葉書の料金、実際の品物を送る時の送料などを含めたサービス料のことで5,6百円程度かかります。カタログギフトの価格がシステム料込みと記載されている場合、例えば3千円のコースであれば品物は2,500円程度ということです。ですので、内祝いを送る際「3千円くらいの品物を贈りたいな」と思うのであればカタログギフトではシステム料込みで3,600円程度のコースを探すとちょうどよい品物を選んでもらうことが出来ます。このシステム料の存在を念頭に置いて、カタログギフトで好きなものを選んでもらうのが良いのか、それとも実際に品物を贈ったほうが良いのかを考えると良いでしょう。