心のこもった内祝いで押さえる点

内祝いで渡す物の選び方

出産祝いなどのお返しとして用意する「内祝い」。せっかくなら心のこもった物を渡したい気持ちがあると思います。内祝いに渡す物の選び方として、どういったポイントを押さえればいいのでしょうか?まず重要なのは、何をいただいて、それにお返しをするかです。内祝いでは「半返し」というルールが一般的で、これはいただいた物の半分くらいの値段のものを返すことになります。1万円くらいの物をいただいたら、5千円といった具合ですね。プレゼントの選び方は、食べたら(使ったら)無くなってしまう「消え物」がベター。少し高級な洗剤や、お菓子のセットなどは、渡した先のご家族みんなで楽しめ、もし趣味に合わなくても最終的には無くなるものなので迷惑になりません。

心のこもった内祝いに変身させるポイント

内祝いでプレゼントを選んでも、どうやったら一歩差のつく「心のこもった」プレゼントになるのでしょうか?おすすめの方法は、手書きのメッセージカードを添えることです。のしだけでは業務的に見えてしまいますが、渡す相手のことを思い、短い手紙を書く感覚で感謝の気持ちを伝えるカードを添えると『考えて選んでくれたんだな』という印象に繋がります。また、一般的な常識として「蝶結びののしを使う」ことも守りましょう。これは何度も結び直せる蝶結びから「幾度あっても嬉しい」贈り物の意味があります。贈る時期は「もらって2ヶ月以内」というルールも守ることで、常識や気遣いもあり・心のこもったプレゼントというイメージがつくでしょう。